人によって差がある

Q&Aサイトなどを見ていると地域によってハローワークの質の差があるように思います。

 

具体的には、人によって差があるというと分かりやすいでしょうか?

 

しかしなぜ、差があるのでしょうか?

 

ハローワークの質の差がある理由

 

なぜかと言うと、職業相談員は求職者を転職・就職へ導く力があるとは限らないからです。

 

就職・転職エージェントであれば、人材紹介が成立して報酬が得られますが、ハローワークはそういった仕組みではありません。

 

税金で運営されているので、その辺の欲というものがありません。

 

当たり障りのないことを言って、終わってしまうということもあります。

 

また、職業相談員自身が応募者への書類添削や面接指導といったトレーニングが不十分である場合もあります。

 

ただし、ハローワークでは書類添削や模擬面接のセミナーを開催していることがあるので、そちらで代用するのがベターでしょう。

 

もしくは、個人でやっている有料のキャリアコンサルティングを利用して添削・面接指導をしてもらうというのもありです。

 

職業相談員の力量について

先述の通り、職業相談員に求職者を転職・就職へ導く力があるとは限らないと書きました。

 

その原因を探っていくと、職業相談員自体が1年間の臨時職員や嘱託職員であるからではないかということに突き当たりました。

 

継続して何年も雇われている人ではないため、ノウハウが蓄積されていない、引継ぎができていない、もしくは辞めることが分かっているため、教育自体がされていないということもありえます。

 

中には転職エージェントや企業の人事部などに勤めていたことのある人もいるかもしれないので、そういう人に当たればラッキーですが、もし、上記のような状況であれば、職業相談員に応募書類書き方の相談や面接の指導を期待するのは難しいのかもしれません。

 

職業相談員としてもやらなくてはいけないこと、覚えることなどがたくさんあると思いますので、そこまで気が回らないのかもしれませんが、期待してハローワークに相談しにいくと、思ったような答えが返ってこなくて、ガッカリすることもあるかもしれません。

 

やはり、転職エージェントや有料の転職アドバイザーも並行して利用しながら、ハローワークの求人に応募するという形を取るべきでしょう。

 

まとめ

  • ハローワークの質の差、特に、職業相談員の質の差があることを認識する
  • 転職エージェントや有料の転職アドバイザーも並行して利用して転職・就職活動をする