ハローワーク利用のメリット・デメリット

ハローワークを利用した転職・就職にはメリット・デメリットがあります。

 

そのメリット・デメリットを把握しておきましょう。

 

メリット

  1. 地元就職・UIJターン就職に強い
  2. 職歴がある人は就職しやすい
  3. 求人量が豊富
  4. 各種セミナー・職業訓練あり
  5. 合否判定は必ず通知される

 

地元就職・UIJターン就職に強い

各都道府県にハローワークはあります。

 

そのため、地元就職に強いのはもちろん、UIJターン就職にも強いです。

 

職歴がある人は就職しやすい

転職サイトや転職エージェントを利用する人はハローワークを利用することはないので、そういったレベルの職歴のある人がハローワークを利用すると、就職がしやすいです。

 

詳しくは、「営業職、看護師など職歴がある人は特に利用すべき」をご覧ください。

 

求人量が豊富

インターネット上からも検索ができますが、ハローワークに行って検索してみると分かります。

 

とにかく求人量が半端ないです。

 

ただし、求人量が多いということは質もまばらです。

 

詳しくは、「頻繁に募集している求人に注意」をご覧ください。

 

各種セミナー・職業訓練あり

応募書類の作成とか面接に不安のある人は対策セミナーがありますし、経験に不安のある人は職業訓練があります。

 

合否判定は必ず通知される

直接応募だと合否判定が通知されないということがありますが、ハローワークの場合は必ず通知されます。

 

連絡が遅い場合は、職業相談員の方が確認してくれます。

 

デメリット

  1. 職業相談員の質がまばら
  2. 募集要項と実際の条件が異なることがある

 

職業相談員の質がまばら

職業相談員の人が昔、民間の転職エージェントに勤めていたことがある人であればいいのですが、そうでない場合にはカウンセリングが得意な人・そうでない人の差があるので、当たり外れがあります。

 

詳しくは、「転職エージェントよりも人によって差がある」をご覧ください。

 

募集要項と実際の条件が異なることがある

求人量が多いということは質もまばらであると先に述べましたが、具体的には求人の募集要項と実際の就業条件が異なることがあります。

 

募集をかけていた企業と実際の雇用先企業が異なっていたり、職種・待遇面が違っていることもあります。